データテーブルやデータテーブル内のオブジェクトを操作するには、まずデータテーブルを開き、そのオブジェクトに参照を割り当てる必要があります。このマニュアルでは、データテーブルオブジェクトの参照をdtと表記します。
JSLでオブジェクトを操作するには、そのオブジェクトを表す参照にメッセージを送り、タスクのどれかを実行するよう要求します。メッセージとは、特定の状況のもとで、特定のタイプのオブジェクトだけが理解できるコマンド群のことです。たとえば、データテーブルオブジェクトへのメッセージには、Save、New Column、Sortなどがあります。これらのメッセージのほとんどは、たとえばプラットフォームオブジェクトなど、他のオブザベーションに対しては何の意味も持ちません。
目次