X変数の各水準の事前確率を指定できます。第 “事前確率の指定”を参照してください。
「判別分析の結果」という名前のスクリプトをデータテーブルに保存します。このスクリプトは、JSLで使用できる次のようなオブジェクトを一覧します。
以下のオプションについて詳しくは、『JMPの使用法』の「JMPのレポート」章を参照してください。