JMP Background

臨床試験におけるリスクモニタリング

リスクベースモニタリングとは

リスクベースモニタリングは、治験の質や安全性に影響を及ぼす可能性のあるリスクを特定、評価、監視、軽減することによって、臨床試験の質を保証するプロセスです。米国食品医薬品局(FDA)のガイダンスでは、リスクベースモニタリング手法の3つのステップが概説されています。

  1. 重要なデータやプロセスの特定。 スポンサーは、治験の質と参加者の安全性を正確に監視するために、インフォームドコンセントから適格性スクリーニングおよび有害事象の追跡まで、特定の治験ごとにどの要素が最も重要なのかを把握しなければなりません。
  2. リスク評価の実施。 リスク評価には、具体的なリスク源とそのリスクに対する調査ミスの影響を判断することが含まれます。
  3. モニタリングプランの策定。 FDAのガイダンスによれば、モニタリングプランには「モニタリングの方法、責任の所在、および試験の要件を記述する」必要があります。このプランは、治験のモニタリングに関与する者全員にリスクとモニタリング手法を通達するためのものです。

リスクベースモニタリングの重要性が高くなっている理由

近年、臨床試験のコストとその複雑さが劇的に高まっています。最大で、治験費の3分の1が従来の臨床データのオンサイトレビューに起因することがあります。

このアプローチは徹底的なソースデータ検証(SDV)に大きく依存しており、リソースを多く集中するだけでなく、問題を特定して防止する能力にも限界があります。

治験参加者の健康を守り、最終結果の完全性を維持するためには、効率的なモニタリングが不可欠であるため、現在では臨床試験モニタリングのプロセスを変更する必要性が徐々に認められています。

FDAなどの諸規制当局によると、現在では集中管理されたリスクベースのアプローチ臨床試験をモニタリングするための好ましい方法となっています。

リスクベースモニタリングが優れている理由

リスクベースモニタリングの主な特徴の1つは、中央モニタリング技術の採用です。ソースデータ検証(SDV)のみを基準とするオンサイトモニタリングとは対照的に、中央モニタリングには多くのメリットがあります。

  • エラーの削減。 オンサイトモニタリングは、人力作業のように、範囲が限定されており、エラーが発生する可能性があります。リスクベースの中央モニタリングは、さらに自動化されたレビューを使用して手動介入の必要性を判断するので、エラー発見の可能性が高くなります。
  • 低コスト。 中央モニタリングでは、施設内監査のような活動の場を問題が発生する可能性が最も高い拠点に限定することができ、モニタリングコストを大幅に削減できます。
  • 優れた分析力。 すべてのデータが中央のリスクダッシュボードに入ることにより、統計およびグラフィックによるチェックを利用して、データ内の異常値または異常なパターンの存在を判断しやすくなります。
  • 施設間の比較。 中央モニタリングによって施設間のデータの比較が可能で、パフォーマンスを評価したり、不正なデータを特定したり、誤ったデータや不正確なデータを見つけたりすることもできます。
  • タイムリーに結果が得られる。 ダッシュボードを使用すると、治験の進行中に問題を特定し解決することができます。

モニタリングプロセス

上述の通り、FDAはモニタリングプランの作成方法に関する詳細なガイダンスを提供していますが、そのプランはスポンサーまたは医薬品開発受託機関(CRO)のようなスポンサー代理組織が責任を負って実施することになります。詳細は治験ごとに広く異なりますが、リスク指向のモニタリングプログラムには、通常、以下のアクティビティが含まれます。こうしたアクティビティはすべて、特定の治験用に構築された包括的なリスクダッシュボードに入ります。

  • データの収集および送信。 中央アプローチでは、治験施設から中央モニタリングシステムへの安定した信頼性の高いデータフローが必要です。このアプローチは、手動入力と関連データの転送、またはデータ入力システムと中央ダッシュボードとの自動接続のいずれかによって行われます。
  • ダッシュボードのモニタリング。 治験中の特定のリスク要因に関連する各治験施設のステータスに関する情報をひと目で把握するためのダッシュボード機能です。施設のリスクレベルが高い場合に、詳細な統計分析からオンサイトデータ検証までの詳細な調査をさらに行うべきかを判断するのに役立ちます。
  • 統計分析。 リスクダッシュボードのモニタリングに加えて、問題の特定に役立つ補足的な統計分析を実行する際に有用です。シンプルなヒストグラムと箱ひげ図は、さまざまな治験施設や国の間のリスク指標の異常値を検出するのに非常に役立ちます。クラスター分析などの高度な技術は、問題のある施設や不正行為の特定にも効果的です。
  • ターゲットオンサイト調査。 ダッシュボードのモニタリングと詳細な分析から、特定の施設で直接的な調査が必要であることが強く通知されることがあります。このような場合は、治験の性質に応じて、施設に訪問して旧型のソースデータの検証活動を実施することが適切なことがあります。重要なのは、いったん集中管理されたシステムが設置されれば、オンサイト調査は例外ではなく、標準的な作業でなければならないということです。

リスクダッシュボード

リスクダッシュボードは、リスクベースモニタリング プログラムの中心を担います。すべての治験データがダッシュボードに入り、また、ダッシュボードでハイリスクの治験施設の視覚的なヒントが得られるように設計する必要があります。

こうした視覚的なヒントを作成しやすくするために、モニタリングプランでは、その指標の小、中、大のリスクに対応する、特定のリスク指標のための閾値を定義することがよくあります。これらの閾値を使用すると、ダッシュボードを色分けして、施設ごと、または国ごとにリスクレベルを要約できます。

上記のリスクダッシュボードの基本機能以外にも、データの表示をカスタマイズして、迅速に分析を行うことが可能でなければなりません。分析者は、複数のリスク閾値を自由に定義して、その所見の危険度を評価する必要があります。また、全体的なリスク指標を計算して、施設または国全体のパフォーマンスを評価しやすくすることが求められます。

はじめの一歩:組織の変化に対処する

リスクベースのアプローチのメリットについて、業界で活発な議論が行われ、コンセンサスが増えているにもかかわらず、その採用は遅れています。確かに、より中央モニタリングに移行するためのコストは考慮しなければなりません。データを中央モニタリングするための分析学の専門知識はあるか?有用なダッシュボードを構築するためのツールがあるか?治験施設からどのようにデータを収集・送信するか?いま現場でレビューを行っている人々はどうなるか?

結論から言えば、リスクベースモニタリングへの移行はおそらくあなたが思うより簡単で、驚くほど使い勝手に優れたツールもあります。導入手順は以下のとおりです。

  1. チャンピオンとエグゼクティブスポンサーを探す。
    組織内にチャンピオンとエグゼクティブスポンサーがなければ、大きな組織的変化は起こり得ません。同じ人物が両方の役割を果たしていることもありますが、チャンピオンは変化の必要性を認識し、その可能性を理解し、エグゼクティブスポンサーにそのアイデアを販売する実務者です。そして、エグゼクティブスポンサーは、変更の発生方法を明確にします。
  2. 適切なツールを入手する。
    中央モニタリングにはさまざまな技術が必要ですが、まずは、広範なデータベース、プログラミング、統計的な経験を必要とせずに短時間で視覚的な結果をもたらすツールの導入から始めることが最善です。このスキルは最終的には役立つかもしれませんが、最初は必要ではありません。
  3. 小さなことから取り掛かる。
    基本的なモニタリングプロセスを設計し、必要なツールを入手したら、単一の治験または小規模の治験グループでリスク評価と中央モニタリングを開始してください。必要なリソースが削減され、組織は変更に備える機会が得られます。
  4. 組織的にスケールアップする。
    小規模なものから始めることで、モニタリングプロセスの不具合を解消することもできます。反復することでプロセスがスムーズになり、より多くの治験へスケールアップしやすくなります。このアプローチは、単一の劇的な移行を実践するよりもずっと難しく、最終的にはより効果的な規模のより優れたプロセスを生み出す必要があります。

中央モニタリングへの移行は困難が伴いますが、どこから始めるのか、組織がいかに慎重にコンセプトにアプローチするかにかかわらず、変化が進みます。そして、市場投入までの時間短縮が何よりも重要な業界では特に、後退するよりも最先端にいるほうが良いでしょう。

JMP® Clinicalでリスクベースモニタリング

JMP Clinical は、より効率的な臨床試験レビューへの移行を促進するリスクベースのモニタリングツールを提供できます。JMP Clinicalは、標準のCDISCデータフォーマットを使用して、中央管理データモニタリングチームが、使いやすいダッシュボード、信頼性の高い統計情報、直観的な視覚情報によってリスクを効率的に評価できるようにします。JMP Clinicalは、TransCelerate BioPharmaの推奨事項から導かれたリスク指標を使用して、評価の基礎を提供します。JMP Clinicalなら、特定の治験施設や治験対象母集団の性質に合わせた独自のメトリクスで簡単にカスタマイズすることもできます。

Back to Top