JMPによる実験計画法

重要なお知らせ

弊社トレーニングルームにご来場いただく形式のトレーニングは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が拡大している状況を受け、ご参加者および関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、2020年12月までの開催を中止とさせていただきます。

以降のトレーニングにつきましては、今後の状況によりまして開催の可否を検討いたします。

なお、今後、オンラインでのトレーニングを開催する予定です。日程等が決まりましたらご案内します。

開催日時

未定
※ 2日間コース

会場

SAS Institute Japan株式会社 本社 トレーニングルーム
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー11F

地図・アクセス

対象

統計の基本的な考え方、JMPの基本的な操作方法を理解されている方を対象としています。

※ このコースは、お一人1台のWindows PCを操作しながらトレーニングを進めていきます。

講師

株式会社エスイープランニング 二里木孝氏

内容

このコースでは、まず、なぜ実験計画法が必要なのかを理解していただくために、統計モデルと交絡、多重共線性の問題について説明します。

その後、スクリーニング計画、応答曲面計画、実施可能な実験数に限りがある場合や実験領域に制約がある場合にも柔軟に対応できるカスタム計画を取り上げます。JMPによる実際の演習を交えながら解説します。

  • 実験計画法とは
    • 統計モデル
    • 1回1因子実験
    • 交絡
    • 多重共線性
    • 実験計画のモデルなど
  • スクリーニング計画
    • 多数の因子の中から応答に効果のある因子を絞り込む
  • 応答曲面計画
    • 重要な少数の因子で、詳細なモデルを作成する
  • カスタム計画
    • カスタム計画の利点
    • 最適計画
    • 拡張計画による実験の追加
    • 実験領域に制約のある実験

受講料

66,000円(税込)
(税抜価格60,000円)

Back to Top