「非線形回帰」プラットフォームは、パラメータに関して非線形であるモデルに適しています。この章では、非線形モデルのモデル式を分析者自身で設定する方法について説明します。この場合、まず、モデル式として、推定対象のパラメータを含む計算式を作成する必要があります。推定方法としては最小2乗法がデフォルトで使われますが、それだけでなく、分析者自身が独自の損失関数を定義することもできます。この場合、損失関数の合計を最小にするパラメータが求められます。
図13.1 独自に作成した非線形モデルの例
メモ: モデルの中には、パラメータに関して線形であるもの(たとえば2次式などの多項式)や、線形に変換できるもの(たとえばxを対数変換するなど)があります。そのようなモデルには、「モデルのあてはめ」プラットフォームや「二変量の関係」プラットフォームがより適しています。これらのプラットフォームの詳細については、『基本的な回帰モデル』の「モデルの指定」章と、『基本的な統計分析』の「「二変量の関係」プラットフォームの概要」章を参照してください。
目次