JMP Background

食品業界

食品業界では、研究開発、商品開発、生産、販売などの各プロセスにおいて、データを分析することが重要になってきています。

主なデータとして、官能評価、機器、消費者調査、市場調査、実験、臨床試験(動物、ヒト)などの分析が挙げられ、JMPでは、これらのデータ分析役立つ機能、統計手法が備わっています。

30日間無料のトライアル

食品業界では、主に次のような場面での統計分析で利用できます。

官能評価、機器分析

  • データの可視化、集計
  • 評価項目と商品との関連性
  • 評価に基づき、商品のグルーピング
  • 分析型官能評価と嗜好型官能評価との関連性をモデル化
  • 官能評価と機器分析より得られる成分との関連性をモデル化

主な統計手法
多変量の相関分析、主成分分析、クラスター分析、PLS回帰、ニューラルネット

消費者調査、市場調査

  • データの可視化、集計
  • 回答者の属性と回答の関連性分析
  • 商品満足度に影響を与える要因分析
  • 消費者のセグメント化
  • 調査の計画、分析

主な統計手法
分割表分析、対応分析、決定木分析(パーティション)、潜在クラス分析、
コンジョイント分析(選択モデル)、実験計画法

臨床試験

  • データの可視化、集計
  • 商品グループ間の有効性、安全性の比較、検定

主な統計手法
群間比較の手法(t検定、Wilcoxon検定、多重比較など)、分散分析、回帰分析

商品の生産、販売

  • 生産における品質管理
  • 販売データの集計、分析

主な統計手法
管理図などの品質管理機能、決定木分析、回帰分析、対応分析

研究開発、商品開発全般
 

スクリーンショット

Back to Top