JMP 13.2 メンテナンス・アップデート

現在JMP 13.0または13.1をご利用中の方は、JMP 13.2メンテナンス・アップデートを適用することで、いくつかの問題が修正されます。また、PDF形式の日本語マニュアル、および日本語のヘルプが使用可能となります。

JMP 13.2での修正点

JMP 13.2で修正された問題については、下記のリリースノートをご参照ください。

メンテナンスプログラムのダウンロード

1. JMP 13.0または13.1を起動します。

2.[環境設定]のウィンドウで、左メニューから「JMPアップデート」のカテゴリを選択します。

3. 右画面の「今すぐチェック」のボタンをクリックします。

JMP 13.1 Update

4. 表示されるダイアログウィンドウの「アップデートのサイトを開く」ボタンをクリックすると、アップデートプログラムをダウンロードするためのWebページが起動します。

JMP 13.1 Update

ここでセキュリティの関係などによりエラーが発生する場合は、下記のリンクをクリックして直接そのページをブラウザで開いてください。

<ご注意>
メンテナンス・アップデートのダウンロードには、プロファイル登録が必要です。プロファイル登録はWebサイトから各種ファイルをダウンロードするための登録で、JMPのユーザー登録とは異なります。

  • これまでにJMPトライアル版などをダウンロードしたことがある場合は、その際に登録いただいたメールアドレスとパスワードを使用してください。
  • 初めてダウンロードする場合は、手順5の<初めてダウンロードする方>の操作により、新規登録を行ってください。

5. 手順4で「アップデートのサイトを開く」ボタンをクリックすると、「サインイン」という画面が表示されます。

<プロファイル登録がお済みの方>

左側の「SASプロファイルをご登録済みの方」にメールアドレスとパスワードを入力してください。ログインするとダウンロードのページが表示されるので、ファイル名のリンクをクリックします。次にLicense Agreementが表示されます。承諾いただける場合は「I Accept」ボタンをクリックすると、ダウンロードが始まります。

<初めてダウンロードする方>

「SASプロファイルを初めてご登録する方」の下の「SASプロファイルを登録する」ボタンをクリックしてプロファイル登録を行います。登録メールアドレスに確認のためのURLが送信されるので、そのリンクをクリックしてプロファイル登録を完了させてください。
その後、改めて手順4でアップデートのWebページを開き、ログインして作業を進めてください。

6. 次に表示されるページでファイル名のリンクをクリックし、アップデート用のファイルをダウンロードして保存します。

インストーラの起動

ダウンロードしたファイルからJMP 13.2アップデート用のインストーラを起動する手順は、下記のとおりです。

■ Windows

1. ダウンロードされたファイルをダブルクリックします。

2. WinZip Self-Extractorのウィンドウで「Setup」ボタンをクリックします。

JMP Updater 13.2

3. インストールプログラムを解凍した後、自動的にインストーラが起動します。以降はインストーラの指示に沿って進めてください。

■ Macintosh

1. ダウンロードされたファイルをダブルクリックしてマウントし、「JMP 13.pkg」または「JMP Pro 13.pkg」をダブルクリックします。

JMP 13.1 Update

2. インストーラが起動しますので、その後はインストーラの指示に従って進めてください。

Back to Top