バイオテクノロジー

バイオテクノロジー業界において、研究者は日々、疾病の特定、治療や予防を実現するために、その遺伝的/病因的メカニズムを調査しています。JMPはそうした研究者に、業界随一の手法を提供するソフトウェアです。

JMPは、デスクトップ上の統計解析ツールとして、またデータの動的な視覚化と分析を目的としたSASのデスクトップクライアントとして利用されています。 JMPを利用した調査プロセスは、反復利用や継続利用が可能です。このため、部署内/部署間でプロセスを共有することで、膨大な遺伝子データから有意義な情報を見つけ出すために大きな威力を発揮します。

血清やワクチンといった、生物学的療法に利用されるバイオ医薬品の製造過程においても、JMPの統計解析機能や工程管理機能が利用されています。細胞培養など、希少で高価な材料を使用する過程においてJMPを利用することで、変動要因の低減、プロセスの最適化、そして大幅なコスト削減が可能になります。

Back to Top