医薬品製造業

JMPは、医薬品製造業界の研究者に、安全で有効な医薬品を、有利な条件で迅速に市場に送り出すための最良の方法を提供します。
社内全体において、創薬のすべてのフェーズで利用できる、最高水準の方法です。
JMPを一貫して利用することで、医薬品製造過程における品質改善、不良品削減、リスクの最小化、工程の効率化、および生産性向上が実現可能です。

JMPの分析手法は、25年以上にわたって医薬品製造業界の信頼できるパートナーであるSASが検定し保証しています。
JMPは、SASデータセットをはじめとするPart 11準拠のデータソースに対し、ODBCドライバを経由したセキュアな読み取り専用のアクセスが可能です。 研究者は、JMPによって元データの整合性を損なわずに、探索的な分析を容易に実行できます。 JMPを使用することで、SASと同様に、FDAに提出する最終レポートの出力が可能です。

JMPは以下の作業を実現します:

  • 最も有望な化合物の選択
  • 有望な化合物の開発/精製
  • 合成や抽出のためのデータベースへのリンク
  • 生物学的スクリーニングの計画と、最適投与量の決定
  • 毒性検査や安全検査の実行
  • 前臨床/臨床/臨床後の実験データの検討
  • 製造/配送工程の計画、最適化、監視、および改善
  • 工業化研究(プロセス開発)におけるデザインスペースの設定・描画

創薬と製薬の全フェーズにおける分析

Back to Top