「一変量の分布」プラットフォームでは、1変数の分布を分析できます。ヒストグラムを表示し、平均や標準偏差などをレポートします。「一変量」という用語は単に、分析対象の変数が2つ(二変量)や複数(多変量)ではなく、1つであることを示しています。ただし、複数の変数の分布を1つのレポート内に表示して調べることもできます。レポートの内容は、カテゴリカル変数(名義または順序変数)か、連続変数かによって異なります。
図3.1 「一変量の分布」プラットフォームの例
目次